南芦屋浜病院

文字サイズ

お問い合わせ

サイトマップ

外来の方へ

HOME > 

外来の方へ > 

診療時間と科目一覧 > 

リハビリテーション科
言語療法

リハビリテーション科


 リハビリテーション科は、入院と外来のリハビリを実施しています。
また当法人の訪問看護ステーション「ほほえみ」より訪問リハビリを行っています。
必要に応じて同施設内にある、介護老人保健施設「さくらの園」の入所リハビリ・通所リハビリと連携してリハビリを行っています。

~当院におけるリハビリテーション~

理学療法

理学療法は、運動機能が低下した状態に対して、その維持・改善を目的に運動(運動療法)や・温熱・電気・光線
などの物理的手段(物理療法)を用いて行われる治療法です。

当院の理学療法の対象疾患は、
・整形外科疾患(四肢・体幹の外傷・骨折、整形外科の手術後、関節の変性疾患など)
・中枢神経疾患(脳卒中、中枢神経の変性疾患など)
・呼吸器疾患(肺炎などの急性発症した呼吸器疾患、慢性の呼吸器疾患により呼吸困難や日常生活動作能力の低下
       をきたしているもの)
・その他

上記の疾患を対象として、専門的な知識・技術をもった理学療法士が、身体的な機能改善・日常生活動作能力の
改善等々を目指して実施しています。
また物理療法機器は、温熱治療器(ホットパック、マイクロ波)や低周波治療器、中周波治療器、SSP治療器、
レーザー治療器、超音波治療器、牽引治療器などを備えており、痛みの軽減や循環の改善などを行っています。

作業療法

作業療法は、基本動作の訓練だけではなく、「食事をする」・「字を書く」・「お風呂に入る」・「歩いて外出をする」
などの応用動作のリハビリを実施します。
そして、当院の作業療法は、上記理学療法の対象疾患以外に認知症に対するアプローチも行っており、急性期・
回復期・生活期の心身の回復を作業活動を通して支援していきます。
また患者様、家族様に日常生活における動作指導、注意点、自助具の紹介などをさせていただいております。

言語療法

当言語相談室では、小児から成人までの言語・コミュニケーションの相談や訓練を行っています。 顧問・相談役として竹田契一博士からのアドバイスなども受けられます。

脳卒中や頭部外傷による言語・コミュニケーション障害

失語症・・・言語中枢(脳の中でことばをつかさどる部分)が障害されておこります。ことばが出にくい、言いたいことと違うことばが出てしまう、相手の話が理解できない、などの症状が起こります。
     「話す」「聞く」「読む」「書く」の言語機能が障害されます。

運動性構音障害…発声や発音に関与する神経や筋が障害されておこります。話し言葉が不明瞭になり、聞き取りにくい話し方になってしまいます。

お申込みについて
まずお電話でお問い合わせください。初回は脳神経外科を受診していただき、その後、言語療法(評価・訓練)のご予約を承ります。

発達障害

検査によってお子さんの特性を分析して、詳しい報告書を作成いたします。(原則、検査後の訓練は実施しておりませんので、ご了承ください)
対象は年長から中学3年生までのお子さんです。

LD(学習障害)…全般的な知的発達に遅れはないのですが、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」などの特定の能力につまずきを持つため、学習が妨げられる状態を指します。

ADHD(注意欠陥多動性障害)…不注意(気が散りやすい、なくしものが多い 等)、多動性(手足をそわそわ動かす、じっとしていない、しゃべりすぎる 等)、衝動性(他人がしていることをさえぎって邪魔をしてしまう、質問が終わらないうちに答えてしまう、順番が待てない 等)を特徴とし、これらの特徴が家庭や学校など複数の場面で見られます。

高機能広汎性発達障害…対人関係のむすびにくさ、コミュニケーションの障害(会話が成立しにくい、話の意図を理解しにくい 等)、強いこだわりなどが見られます。

検査のお申込みについて
お電話での予約制となっており、ただ今1年待ちとなっております。
当院の電話番号(0797-22-4040)に電話をかけていただき、発達障害の検査のお申込みとお伝え下さい。

 

このページの先頭へ